ここから本文です

【ビルボード】Aqours「HAPPY PARTY TRAIN」がアニメチャート1位、再浮上の楽曲にも注目

4/12(水) 15:00配信

Billboard Japan

 アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の声優陣によるユニット、Aqoursの「HAPPY PARTY TRAIN」が、初登場でアニメチャート首位を獲得した。同曲は、Aqoursの第2回センターポジション総選挙で1位に輝いた松浦果南(CV:諏訪ななか)がセンターを務めている。圧倒的なセールスポイントで1位、さらにルックアップでも1位を記録。また、Twitterとダウンロードも2位となっており、楽曲の幅広い注目度がうかがえる。

 また、チャートに再浮上した楽曲にも注目してみよう。TBS系アニメ『カミワザ・ワンダ』オープニングテーマに起用されていたHKT48の「バグっていいじゃん」がセールスポイントを伸ばし3位にチャートイン。そして、先週のチャートでTOP20に再浮上した『機動戦士ガンダムUC』の楽曲である澤野弘之の「UNICORN」は、動画再生回数で同チャート1位を獲得し、アニメ総合で今週9位にチャートインしている。澤野は、5月に自身が手掛けたサウンドトラックを演奏するコンサートを発表しており、その開催が近づくに連れ代表曲への再注目度が高まってきたことなども今回の結果につながった一因と言える。さらに澤野は、現在放送中のフジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の楽曲を担当したことも話題を集めているため、来週以降のチャートも賑わせてくれそうだ。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「HAPPY PARTY TRAIN」Aqours
2位「ようこそジャパリパークへ」どうぶつビスケッツ×PPP
3位「バグっていいじゃん」HKT48
4位「どこまでも~How Far I'll Go~」屋比久知奈
5位「荒野を歩け」ASIAN KUNG-FU GENERATION
6位「どこまでも~How Far I'll Go~」加藤ミリヤ
7位「orion」米津玄師
8位「前前前世」RADWIMPS
9位「UNICORN」澤野弘之
10位「グレープフルーツムーン」夏川椎菜

最終更新:4/12(水) 15:00
Billboard Japan