ここから本文です

「住民の同意得られず」那覇市で保育園新設断念 児童数や交通渋滞懸念

4/12(水) 8:05配信

沖縄タイムス

 那覇市首里大名町で計画されていた認可保育園の新設問題で、事業者のNPO法人うてぃーらみやが周辺の保育所や自治会の反対を受け、建設を断念したことが11日までに分かった。うてぃーらみやは、首里地域以外での新設を目指す意向を市に伝えている。園の規模や病児病後児保育などの実施も含め、新たに計画を練り直す。

 那覇市は昨年6月、保育所整備交付金の要項を変更し、補助条件として「周辺住民の同意を得ること」を義務付けている。

 大名町の新設園を巡っては地域の児童数の少なさや交通量増加への懸念などから2月、町自治会や町内で保育園を運営する社会福祉法人、子ども会などが市に反対署名を提出。同自治会は3月末に開いた臨時総会で住民に賛否を諮り、過半数が反対の意思を示した。那覇市子ども政策課は「住民の同意を得ることが前提なのでやむを得ない」と話した。

最終更新:4/12(水) 8:05
沖縄タイムス