ここから本文です

欠場続いたウェーレイン、バーレーンGPに出場へ。今季F1マシンに必要な体力をつける

4/12(水) 7:01配信

オートスポーツweb

 ザウバーF1チームは、パスカル・ウェーレインがバーレーンGPに出場することが決まったと発表した。ウェーレインはレース・オブ・チャンピオンズでクラッシュした影響で2017年序盤2戦を欠場していた。

【関連写真】2017年F1第2戦中国GP ウェーレインの代役アントニオ・ジョビナッツィは予選と決勝でクラッシュを喫した

 クラッシュで背中を痛めたウェーレインは、シーズン中のトレーニングを十分に行うことができず、開幕戦オーストラリアGPで金曜プラクティスで出走した後、体力的な面でレース距離を走り切れる自信がないとして、欠場を決めた。続く中国GPも出場を見送り、ザウバーは代役としてフェラーリのサードドライバー、アントニオ・ジョビナッツィを起用した。

 連続開催となるバーレーンGPへの出場も疑問視されていたウェーレインだが、チームは火曜、SNSを通して彼が今週末、復帰することを明らかにした。

「グッドニュース。パスカル・ウェーレインがバーレーンGPでマシンに戻ってくるという喜ばしいニュースをお知らせいたします」とチームは述べている。

 中国GPの週末の時点で、ウェーレインをサポートするメルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、バーレーンで復帰できるとの考えを示していた。

「今年のマシンをしっかりドライブするのに必要なコンディションに戻るため、彼に本格的なトレーニングの期間を10日与えることに決めた。バーレーンに完全な状態で戻ってくるだろう」とウォルフはドイツのRTL Sportに対してコメントしていた。
 
 オーストラリアで急きょ起用されたジョビナッツィは、デビュー戦で堅実な走りを見せたが、続く中国GPでは予選と決勝で2回のクラッシュを喫した。そのためジョビナッツィは決勝後、「メルボルンで見せたパフォーマンスを証明するチャンスをもう一度欲しい」と述べていたが、バーレーンGP出場はかなわないことになった。
 
 フェラーリは、現時点では、ジョビナッツィを他のシリーズにフル参戦させるよりもF1リザーブドライバーのポジションに専念させる予定だ。 

[オートスポーツweb ]