ここから本文です

谷繁氏、中日・藤井の勝ち越し打にニッコリ「良い方向に出た」

4/12(水) 23:45配信

ベースボールキング

 敵地神宮でヤクルトと対戦した中日は、延長戦の末に5-2で勝利した。

 中日は、2回にルーキーの京田陽太、先発のバルデスの2点のタイムリーで幸先良く先制する。自らタイムリーを放った先発のバルデスは、5回二死まで無安打ピッチングを披露するなど、スコアボードに0を並べる。しかし7回、ヒットと2つの四球で二死満塁のピンチを招く。ここで西田明央を一飛に打ち取ったかに思えたが、一塁のビシエドが落球し同点に追いつかれる。

 そのまま試合は、9回で決着がつかず延長戦へ。中日は10回、一死二塁から藤井淳志のタイムリー三塁打で勝ち越しに成功すると、亀沢恭平の2ランで3点を加えた。その裏、守護神の田島慎二が、3人で打ち取り勝利した。8回から2イニングを無失点に抑えた三ツ間卓也は、嬉しいプロ初勝利となった。

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める谷繁元信氏は、勝ち越し打を放った藤井について、「何回も(レギュラーを奪う)チャンスがあったが、何か足りないものがある。今日はいい方向に出てくれた」と喜んだ。また投手陣については「(プロ初勝利を挙げた三ツ間は)嬉しかったと思いますよ。それでも、バルデスに勝ちをつけてあげたかったですよね」と話していた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 9:35