ここから本文です

L'Arc-en-Ciel、結成25年記念ライブ完遂。「素敵な景色を見せてもらってありがとう」

4/12(水) 12:30配信

RO69(アールオーロック)

今月8日、9日、L'Arc-en-Cielの結成25年を記念しての東京ドーム2 Days公演「25th L’Anniversary LIVE」が開催された。

2日目のオープニングナンバーも1日目と同じく“虹”。そしてhydeが「みなさんのおかげで25歳になりました。25年たってもこんなにたくさんの人に来てもらえるなんて泣きそうです。嘘です。泣きません。今日はまだまだ先は長いからね」と客席に呼びかけ、初日には演奏されなかった“Vivid Colors”や“真実と幻想と”も披露された。

炎とメンバーとが合成された映像も交えての“forbidden lover”、炎の映像と火柱、音玉、煙玉などを組み合わせての“Shout at the Devil”を経て、この日も“REVELATION“からはムービングステージでサブステージへ移動しての演奏。hydeの「リクエストしてくれた曲の中からこれを」という言葉に続いて、1日目には演奏されてなかった”風の行方“が演奏された。

“花葬”、“浸食-lose control-”、“HONEY”、“MY HEART DRAWS A DREAM”が披露されたのち、tetsuyaのベースソロ、そして「東京ドーム!」というシャウトで“STAY AWAY”が始まった。

そして巨大なLEDスクリーンに映し出される映像ではライブ冒頭に登場した西暦9125年の未来から来たエリー クランクなる人物の正体が明らかに。ローマ字表記の「Ellie Crank」はL'Arc-en-Cielのアナグラムになっていて、その正体はL'Arc-en-Cielだった。「いつもあるもの。これからもずっといるもの。だから未来を恐れることはない。Don't be Afraid」というナレーションに続いては“Don't be Afraid”をプレイ。その後はtetsuyaがMCで「28年前の4月9日が初めて1人暮らしを始めた日です。1人暮らしをしてなかったら、僕、多分、L'Arc-en-Cielをやってませんよ。28年前の今日はさみしくて泣いてました。25周年、みんなのおかげです。素敵な景色を見せてもらってありがとう」と語り、“Blurry Eyes”へ。様々な時代のライブ風景がスクリーンに映し出され、続いて“Link”をプレイ。事前に世界各地のファン同士の写真、L'Arc-en-Cielゆかりの場所の写真など、全世界から集まった画像のピースの数々が大きな球体に映し出される中での演奏となった。

「これまでの道のりは長かったです。遠回りもたくさんしましたが、こうやってたくさんの人に愛されて、この場所に来ることができました。みんなの今日の笑顔に報われます。この笑顔に会うためだったなら、悪くない道のりだったなと思います」という言葉に続いて、ラストは“瞳の住人”で東京ドーム2Daysは幕を閉じた。

初日レポはこちら。
http://ro69.jp/news/detail/158991

セットリストは以下のとおり。

L'Arc-en-Ciel「25th L'Anniversary LIVE」
2017年4月9日(日) 東京ドーム セットリスト
01. 虹
02. Caress of Venus
03. the Fourth Avenue Café
04. Vivid Colors
05. Lies and Truth
06. 真実と幻想と
07. forbidden lover
08. Shout at the Devil
09. REVELATION
10. 風の行方
11. X X X
12. 花葬
13. 浸食 -lose control-
14. HONEY
15. MY HEART DRAWS A DREAM
16. NEO UNIVERSE
17. STAY AWAY
18. Driver's High
19. READY STEADY GO
20. Don't be Afraid
21. Blurry Eyes
22. Link
23. 瞳の住人

RO69(アールオーロック)