ここから本文です

鶴来高2年の若狭2位 全日本カデ柔道体重別選手権男子66キロ級

4/12(水) 1:35配信

北國新聞社

 2017年度全日本カデ(15~17歳)柔道体重別選手権(9日・大阪府門真市の東和薬品ラクタブドーム)各階級で全日本柔道連盟強化委員会から選抜された中高生ホープがトーナメントで争い、石川勢は男子66キロ級で若狭智也(鶴来高2年)が準優勝した。

 若狭は1回戦で内股の一本勝ちを収め、準決勝は小外刈りで技ありを奪ったが、決勝で反則負けした。今回の結果により、若狭は8月にチリで行われる世界カデ選手権大会の補欠選手となり、全日本カデの強化選手に選ばれた。

 男子90キロ級の寺島悠太(津幡高1年)と女子52キロ級の山崎朱音(金沢高1年)はそれぞれ準決勝で敗れた。女子48キロ級の上倉舞知(金沢学院高1年)は初戦敗退となった。

北國新聞社

最終更新:4/12(水) 1:35
北國新聞社