ここから本文です

窮地のバルサ、再び大逆転なるか…イニエスタ「パリの時ほどは…」

4/12(水) 10:06配信

SOCCER KING

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが11日に行われ、バルセロナ(スペイン)はユヴェントス(イタリア)と対戦。敵地で0-3と敗れ、ベスト8敗退危機に陥った。

 試合後、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが敗戦を振り返った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 パリ・サンジェルマン(フランス)との決勝トーナメント1回戦に続いて、敵地でのファーストレグで完敗を喫したバルセロナ。前回よりも失点数は少ないとはいえ、アウェイゴールを奪えずに大差で敗れ、ホームでのセカンドレグで大逆転を目指す状況は同じだ。

 イニエスタは「ひどい出来だった。特に前半はね。チャンピオンズリーグだから、2つのゴールという形で罰せられることになったんだ」と、開始22分で2失点を喫した前半の出来を悔やんだ。

 そして、パリ・サンジェルマンとの決勝トーナメント1回戦と比較して「あの時ほど、悪い感覚ではないよ」と言いつつ、「目の前には非常に険しい上り坂が待っている」と、大逆転突破は簡単ではないと強調。「やるべきことをやれば、突破の可能性は高まってくるだろう。しかし、やるべきことをしなければ、不可能だ」と、奮起を誓っていた。

 セカンドレグは19日にバルセロナのホームで行われる。

SOCCER KING

最終更新:4/12(水) 10:06
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1