ここから本文です

圧巻の8戦8発!! R・シルバ、得点量産の要因は!? 「浦和はFWにとって…」

4/12(水) 0:45配信

ゲキサカ

[4.11 ACLグループリーグ第4節 浦和1-0上海上港 埼玉]

 またもやネットを揺らした――。3月15日に行われたアウェー戦で上海上港(中国)に2-3で敗れていた浦和レッズ。ホームで行われる試合でリベンジを果たすべく、燃えていたチームに唯一の得点をもたらしたのがFWラファエル・シルバだった。

 試合開始直後にいきなり決定機を迎える。左サイドからMF宇賀神友弥が送ったクロスに対してファーサイドに走り込むと、右足ダイレクトで合わせたシュートはゴールを脅かしたものの、ボールはポストを叩いて先制の好機を逸してしまった。その後は、なかなかR・シルバまでボールが回ってこなかったものの、点取り屋は次に迎えた好機をしっかりと得点へと結び付ける。

 前半終了間際の同44分、左サイドから切れ込んだMF青木拓矢がPA内のFWズラタンに縦パスを打ち込む。「ズラタン選手があそこでシュートを打たずに、僕のことに気付いてくれた。彼が冷静に素晴らしい判断を下してくれた」とズラタンからボールを呼び込むと、「相手がスライディングに来ると思ったので、ダイレクトで打てばブロックされると思い、タイミングをずらした」とシュートフェイントで相手の体勢を崩すと、右足のシュートでネットを揺らした。

 この1点を守り抜いたチームは1-0の完封勝利を収め、グループ首位に浮上。「今日の勝利で自分たちの目標達成に一歩近付いたね。でも浮かれることなく、次のステージに向けて皆と一丸となって戦っていきたい」と気を引き締め直す。

 今季、新潟から加入すると、開幕戦からゴールを量産。ここまでリーグ戦4試合5得点、ACLでは4試合3得点と公式戦8戦8発の大暴れを見せている。好調の要因は「キャンプから良い仕事が個人的にできたと思うし、そのおかげもある」と話しながらも、「浦和レッズはクオリティーのものすごい高いチームなので、ボールを受けるにしても受けやすいチーム、FWにとってチャンスが多く訪れるチームだと思う」とチームメイトの助けがあるからこそのゴールラッシュだと強調した。

最終更新:4/12(水) 12:18
ゲキサカ