ここから本文です

複数の選択肢から選んだ“強気の縦パス”…浦和MF青木「一番ゴールに近かった」

ゲキサカ 4/12(水) 8:15配信

[4.11 ACLグループリーグ第4節 浦和1-0上海上港 埼玉]

 唯一のゴールへとつながる鮮やかな縦パスを打ち込んだ。左サイドから切れ込んだ浦和レッズMF青木拓矢が選択したのは、「一番ゴールに近かった」というFWズラタンへのパスだった。

 試合開始直後に決定機を創出した浦和だったが、MF宇賀神友弥のクロスから放ったFWラファエル・シルバのシュートがポストを叩くと、その後はなかなか攻撃の形を創出できずに苦しい時間帯が続いた。だが、「多少焦る気持ちがあったけど、想定内だと思った。粘り強くやっていければと皆が思っていた」と青木が振り返ったように、粘り強い対応で上海上港にも得点を許さずに試合を進めて行く。

 そして前半終了間際の同44分、浦和に先制点が生まれる。左サイドでボールを受けた青木がワンタッチで寄せてくる相手選手をかわして中央へと運ぶ。「ファーストタッチで相手を一人かわせたのが大きかった。右にも大外にも味方がいたので選択肢はあったけど、一番ゴールに近かったので狙った」とPA内で待ち構えるズラタンへと鋭い縦パスを届けると、ズラタンのラストパスからFWラファエル・シルバのゴールが生まれた。

「アウェーで負けていたから、絶対に勝ちたい気持ちが皆強かった」。その言葉どおり、3月15日のアウェー戦で2-3の黒星を喫していた相手に見事にリベンジを果たし、1-0の完封勝利を収めたチームはグループ首位に浮上。「ACLは楽しさもあるので、次もまたしっかり勝って、予選は絶対に突破したい」と予選突破を力強く誓った。

最終更新:4/12(水) 8:15

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合