ここから本文です

爆発事件に遭ったドルトムント…DFバルトラが骨折で手術、チームメイトは「ショックを受けている」

4/12(水) 12:11配信

ゲキサカ

 ドルトムントは11日、同日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第1戦モナコ戦に向かうチームバスが爆発に巻き込まれた影響で負傷したDFマルク・バルトラが、腕の橈(とう)骨を骨折し、さらに手からガラスの破片を取り除くため、11日夜に手術を受けたことを発表した。

 地元警察によると、キックオフ1時間半前の11日午後7時15分(日本時間12日2時15分)、ドルトムントの選手を乗せたチームバスの近くで3回の爆発があり、この爆発でバスの窓ガラスが割れてバルトラは負傷。試合は現地時間12日午後6時45分(日本時間13日1時45分)開始に順延となった。

 クラブ公式ウェブサイトによると、チームメイトのDFマルセル・シュメルツァーは「僕らは皆ショックを受けているし、マルクのことを心配している。早く回復することを祈っている」と話しており、順延となった試合にむけてクラブは「明日はマルクのためにプレーする」という雰囲気が広がっているようだ。

最終更新:4/12(水) 13:37
ゲキサカ