ここから本文です

物言う株主のバリューアクト、1370億円を返還へ-市場の小バブル懸念

Bloomberg 4/12(水) 15:41配信

物言う株主ファンドのバリューアクト・キャピタル・マネジメントは、12億5000万ドル(約1370億円)を5月に投資家に返還する計画だ。企業のバリュエーションが高過ぎ、小粒のバブルの様相を呈していると懸念しているためだという。

160億ドル余りを運用するバリューアクトは先週、資金返還についての決定を書簡で投資家に伝えた。ブルームバーグ・ニュースが閲覧した同書簡では、フォローしている企業の現在の株価について「循環的に高い企業利益率が続き、法人税引き下げが確実で、リスクフリーの金利が過去最低水準にとどまると考えない限り正当化できない」と分析している。

バリューアクトの広報担当者はコメントを控えた。

サード・ポイントのダン・ローブ氏やオメガ・アドバイザーズ創業者のレオン・クーパーマン氏らヘッジファンド運用者は、米株市場についてより楽観している。

原題:ValueAct to Return $1.25 Billion on Concerns About Frothy Market(抜粋)

Sabrina Willmer

最終更新:4/12(水) 15:41

Bloomberg