ここから本文です

カマシ・ワシントン、新曲「TRUTH」を公開 今夏には最新EPのリリースも予定

4/13(木) 20:14配信

CDジャーナル

 2015年にリリースした大作『The Epic』でLAジャズを刷新したサックス奏者、カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)が、この夏リリース予定の新作EP『Harmony of Difference』から、13分を超える新曲「Truth」をYouTubeなどで公開。

 ケンドリック・ラマーやサンダーキャットらの作品への参加でも注目を浴びるワシントン。「Truth」は歴史的名盤の呼び声が高い『The Epic』以来となる本人名義の新作。注目の映像ディレクター、A.G.ロハスが手がけたショート・フィルムと共に公開され、ザ・エックス・エックスやサンファ、FKAツイッグスが所属するレーベル「Young Turks」との契約も併せて発表しています。

 EP『Harmony of Difference』は、5つの異なる楽曲と、この「Truth」からなる6つのパートの組曲で構成。今年、NYマンハッタンのホイットニー美術館が1932年以来行なっている展覧会〈ホイットニー・ビエンナーレ〉にて、A.G.ロハスの映像とともに初披露されました。今作でワシントンは音楽用語の“対位法(Counterpoint)”の哲学的可能性を追求し、対位法を“類似性と差異のバランスを取る中で、異なるメロディの間でハーモニーを生み出す芸術”と定義。新作についてワシントン「異なるメロディを融合することで生まれる美しいハーモニーを聴いて、リスナーが我々人間一人ひとりの違いの中にある美しさに気づいてくれることを願ってるよ」とコメントしています。

最終更新:4/13(木) 20:14
CDジャーナル