ここから本文です

真央チャーハン トリプルアクセル増 名古屋「互楽亭」が“胃袋の聖地”に

4/13(木) 5:00配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央選手(26)が都内で引退会見を行った12日、幼少期から練習前後に通った名古屋市内の定食屋「互楽亭」では、好物のチャーハンが通常より3・5倍の注文を受けたことが、分かった。店主の井上一夫さん(70)はデイリースポーツの取材に「いつもの昼時は3、4杯だけど、きょうはファンが13~14杯注文してくれたね」と“真央特需”に大忙しだったことを明かした。

【スライドショー】真央の軌跡を振り返る…お宝映像から会見の涙まで

 真央ちゃんの十八番、3回転半ジャンプとシンクロするように、ゆかりの大好物が通常の3倍半という“トリプルアクセル注文”を受けた。

 同店は、浅田選手が小学生のころから練習したスケート場近くにあり、練習前後に来店し、チャーハンに舌鼓を打った“胃袋の聖地”。この日は、引退発表を受け報道されたことにより、浅田選手のファンが多数集まり、今や「真央ちゃんチャーハン」(750円)と名前がついたメニューが飛ぶように売れた。

 「いつもはサラリーマン相手だから、味噌カツ定食とかがメーンだけど、きょうは大半がチャーハンだったね」と井上さん。普段の平均4杯から、売れ行きは3・5倍の14杯にジャンプアップしたという。

 「バンクーバー五輪以来の客入り」という繁盛ぶりに加え、テレビ各社が5局集結しててんてこ舞い。午前11時33分頃に始まった引退会見は、店内に設置したテレビを鍋を振りながら「チラチラ見るくらいだった」と話しつつ「吹っ切れた顔をしていて安心した」と、地元のおっちゃんの心境を明かした。

 井上さんは「落ち着いたら、また来てくれると思う」と浅田選手との再会を期待。「このチャーハンを食べたスケーターから第2の真央ちゃんが誕生したらうれしい」と力を込めた。