ここから本文です

17年の世界貿易、2.4%増=保護主義がリスク―WTO予測

時事通信 4/13(木) 0:50配信

 【ロンドン時事】世界貿易機関(WTO)は12日、2017年の世界貿易量が前年比2.4%増加するとの予測を発表した。

 16年は中国などの景気減速で1.3%増(15年は2.6%増)にとどまったが、17年は世界経済の持ち直しで輸出入も回復する見通し。ただ、保護主義を志向するトランプ米政権の動向などを念頭に、「政策の不確実性」が主要なリスク要因になると警告した。

 17年の輸出量は先進国が2.8%増(16年は1.4%増)、途上国が2.2%増(同1.3%増)にそれぞれ回復する見込み。輸入量は先進国が3.0%増(同2.0%増)、途上国が2.2%増(同0.2%増)と予想した。 

最終更新:4/13(木) 0:54

時事通信