ここから本文です

3横綱や高安も参加へ 21日に大相撲「水戸場所」

産経新聞 4/13(木) 7:55配信

 大相撲の春巡業「水戸場所」を21日に控え、水戸市出身の二子山親方(元大関雅山)や振分親方(元小結高見盛)ら関係者が12日、県庁に橋本昌知事を表敬訪問した。

 春場所で負傷した牛久市出身の横綱、稀勢の里の出場の可否は未定だが、白鵬ら3横綱や5月場所で大関取りを狙う土浦市出身の関脇、高安らは参加予定だという。当日は序二段、三段目、幕下、幕内の取組や横綱の土俵入りなどが披露される。

 振分親方は記者団に対し、「巡業でしか見られない大相撲を見て、相撲は身近なものだと感じてほしい」と話した。見どころについては「若い衆から関取衆までガンガンぶつかり合う生の稽古」と述べた。

 チケットなどの問い合わせは、大相撲水戸場所実行委員会事務局(電)029・297・8115。

最終更新:4/13(木) 7:55

産経新聞