ここから本文です

『帝一の國』菅田将暉&志尊淳カップルがアツい

シネマトゥデイ 4/13(木) 7:12配信

 古屋兎丸の学園コメディー漫画を菅田将暉、野村周平ら旬の若手俳優陣を迎えて実写映画化する『帝一の國』(4月29日公開)で、恋人よりも深い絆で結ばれたエリート高校生コンビ・赤場帝一(菅田)&榊原光明(志尊淳)の秘蔵写真が公開となった。

【写真】恋人よりも固い絆で結ばれた帝一&光明コンビ秘蔵写真

 主人公・帝一は、生徒会長になった者には将来の入閣入りが約束される名門校・海帝高校で、手段を問わず生徒会長になろうと奮起する高校一年生。光明は猫グッズが大好きで「にゃん」が口癖という愛くるしいルックス&内面とは裏腹に、情報収集のエキスパート(もはやスパイ)で、帝一の右腕的存在。帝一がルーム長になったときには迷うことなく光明を副ルーム長に指名し、二人三脚で帝一の生徒会長当選大作戦に奔走していく。

 今回公開となったのは教室での会話から生徒会長選を巡る会議、光明の発明した盗聴器を使って教師たちの会話に聞き耳を立てるシーン、そしてクライマックスで起こる大事件を目撃した2人が抱き合うシーンなど、「いつでもどこでも一緒」な帝一&光明の仲の良さがうかがえる4枚。帝一はひそかに白鳥美美子(永野芽郁)という幼なじみと交際しているが、原作漫画では「美美子は恋人、光明は伴侶」と言う場面もあり、ここぞというときに頼るのは光明だ。一方、帝一と美美子の関係が悪化すると光明がうれしそうにしていたりと美美子へのジェラシーもある模様。

 「僕は、靴を舐めて、勝つ」をモットーにあの手この手で生徒会長の座を手に入れようとする帝一、「ボクは、好きな人を勝たせるにゃん」と帝一に尽くす光明。帝一が幼少期からのライバル・菊馬(野村)の罠にはまり、幾度となく危機を迎えながらも光明の“内助の功”で乗り越えていく絆のドラマは痛快。オトメン的要素と天才的頭脳を兼ね備えたスーパー高校生・光明をハマり役で演じた志尊の好演が光る。(編集部・石井百合子)

最終更新:4/13(木) 7:12

シネマトゥデイ