ここから本文です

【ニューヨークモーターショー2017】ホンダ クラリティ、PHVとEVを初公開

レスポンス 4/13(木) 9:30配信

ホンダは4月12日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2017において、『クラリティPHV』と「クラリティ・エレクトリック」をワールドプレミアした。

画像:ホンダ クラリティのPHVとEV

両車は、ホンダの燃料電池車、「クラリティ・フューエルセル」と車体を共用しながら、PHVとEVという2種類の環境パワートレインを搭載。「クラリティ」シリーズとして、ラインナップを拡大する。

クラリティPHVは、1.5リットル直列4気筒ガソリンのアトキンソンサイクルエンジンに、最大出力181hp、最大トルク32.1kgmの電気モーターの組み合わせ。バッテリー(二次電池)は蓄電容量17kWhで、EVモードでは最大約67kmのゼロエミッション走行を可能にした。

クラリティ・エレクトリックは、最大出力161hp、最大トルク30.6kgmのモーターを搭載。バッテリー(二次電池)は、蓄電容量25.5kWh。充電は、240Vソケットで約3時間。急速チャージャーを利用すれば、80%の容量を約30分で充電できる。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:4/13(木) 16:06

レスポンス