ここから本文です

ecbeing、「PCI DSS」準拠のオプションサービスを提供

4/13(木) 15:50配信

BCN

 ecbeing(林雅也社長)は4月13日、中堅大手向けECサイト構築パッケージ「ecbeing」で構築されたECサイトで、クレジットカードセキュリティに関する国際基準「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」に準拠したオプションサービス(認証登録番号:ICMS-PCI0224)を、4月7日に提供開始したと発表した。ECサイト構築パッケージ・SaaSでの対応は、国内初となる。

 2016年2月、経済産業省とクレジット取引セキュリティ対策協議会から、クレジットカード取引に関するセキュリティ対策の強化要請が発表された。サイバー攻撃からEC事業者のクレジットカード情報を防衛する対策として、EC事業者は18年3月末までに、クレジットカード情報保護に関する国際基準である「PCI DSS」に準拠するか、ECサイトのクレジットカード情報を非保持化(カード情報を「保持」「処理」「通過」しないこと)するか、どちらかの対策が求められている。

 今回のオプションサービスにより、ecbeingは、PCI DSSとトークン決済の両方に対応し、EC事業者のニーズに合わせた利用が可能となる。ecbeingを導入することで、EC事業者は経済産業省からの要請をクリアしながら、個別カスタマイズを実現し、高水準のセキュリティレベルを維持することができる。

最終更新:4/13(木) 15:50
BCN