ここから本文です

【欧州CL】レスター 岡崎奮闘も惜敗

4/13(木) 11:30配信

東スポWeb

【スペイン・マドリード発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦が12日(日本時間13日)に行われ、日本代表FW岡崎慎司(30)の所属するレスター(イングランド)は敵地でアトレチコ・マドリード(スペイン)に0―1で敗れた。

 前半から押し込まれる試合展開ながらもカウンター狙いでFWジェイミー・バーディー(30)にボールを集めた。先発した岡崎もグラウンドを走り回り、守備面で貢献していたが、前半28分に左サイドをMFアントワヌ・グリーズマン(26)に突破されると、ペナルティーエリア付近で痛恨のファウルでPKを献上。これを決められて先制されてしまった。

 劣勢のレスターは前半で岡崎を下げ、中盤を厚くするためにMFアンディ・キング(28)を投入した。しかしリードしたAマドリードが冷静な試合運びに切り替えて、反撃の糸口を見つけられないまま、アウェーで0―1の敗戦。ただ、最少失点で免れたことでホームでの第2戦(18日=日本時間19日)で巻き返す可能性を残した。

 レスターは2月にクラウディオ・ラニエリ監督(65)を解任後は公式戦6連勝などチーム状態は上向き。岡崎も好調をキープしており、昨季のイングランド・プレミアリーグ制覇に続くミラクルを起こせるか。

最終更新:4/13(木) 11:30
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ