ここから本文です

真央、涙を隠し「悔いなし」 年齢制限、最愛の母の死、トリプルアクセル…紆余曲折も「自分をほめたい」

夕刊フジ 4/13(木) 16:56配信

 現役引退を表明したフィギュアスケートの元世界女王、浅田真央(26)=中京大=が12日、東京都内のホテルで記者会見し、「気力を出し切ったので、今は悔いはない。(スケートは)一言でいうと人生かな」と心境を語った。五輪金メダルには手が届かない悲運のスケート人生だったが、さわやかな笑顔は最後まで列島を魅了した。 

 白のジャケットを羽織り、落ち着いた表情。「選手生活にはたくさんの山がありましたが、支えてくれたみなさんに感謝の気持ちを伝えたい」と、気持ちの整理はついている様子だったが、最後にこらえきれず、後ろを向いて涙をぬぐった。

 会場には早朝から報道陣が駆けつけ、NHK、民放全局が生中継するという異例の注目度。テレビカメラは大小合計100台以上。海外メディアも10社以上。400人以上が集まった。

 年齢制限、最愛の母の死、こだわり続けたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と紆余曲折の中、「飽きっぽいのに長い間スケートを続けた自分をほめたい」と照れ笑い。第2の人生について「すぐ夏のアイスショーで皆さんの前で滑るのでいい演技をみせたい。スケートにお世話になったので恩返しがしたい」と抱負も語った。

最終更新:4/13(木) 16:56

夕刊フジ