ここから本文です

キヤノンが輝度を高めた業務向けプロジェクター4モデルを一斉に発表!

アスキー 4/13(木) 13:00配信

キヤノンはデジタルサイネージやプロジェクションマッピングといった業務向け用途に適したプロジェクター4モデルを発表。全体的に輝度を高めている

 キヤノンは4月13日、業務向けプロジェクター4モデルを発表した。
 
 4月20日発売予定の「WUX6500」(予想実売価格 61万2000円前後)は、レンズ交換が可能な高画質プロジェクター。反射型液晶パネルを使用するLCOS方式を採用する。
 
 LCOS方式を採用したモデルは「WUX6010」があるが、輝度は6000ルーメン。新機種は輝度を6500ルーメンまで向上させ、デジタルサイネージやプロジェクションマッピング、大会議室、エントランス投影などの高輝度ニーズに対応。
 
 7月中旬には輝度5000ルーメンの高画質短焦点モデル「WUX500ST」(予想実売価格 66万8000円前後)を投入。高輝度モデルのラインナップを強化していく。
 
 普及型ポータブルモデルとしては、4月20日に「LV-HD420」(予想実売価格 13万円前後)と「LV-X420」(同11万円前後)の2機種を発売。前者はフルHD、後者はXGA解像度となるが、どちらもDLP方式を採用する。
 
 これまでのラインナップでは輝度は3200ルーメンまでだったが、新機種はどちらも4200ルーメンの明るさを実現。普及型モデルでも高輝度モデルを投入する。
 
 このほか、レンズ交換式プロジェクター用の短焦点レンズ「LX-IL08WZ」(予想実売価格40万円前後)も4月20日に発売。拡大率1.5倍で、F値は2.11~2.37となっている。
 
 
文● ハシモト/ASCII編集部

最終更新:4/13(木) 13:00

アスキー