ここから本文です

米アナログデバイセズとルネサス、自動運転用レーダー技術を共同開発

レスポンス 4/13(木) 10:45配信

米国のアナログデバイセズ社は4月11日、ルネサスエレクトロニクスとの間で、自動車用レーダー技術を共同開発した、と発表した。

両社が共同開発したのは、77/79 GHz帯レーダーセンサーデモンストレータ。このデモンストレータは、ADAS(先進運転支援システム)アプリケーションの向上と自動運転の実現を目指して、開発された。

新しいデモンストレータは、両社の持つ2つの最先端技術を組み合わせる。これらの技術を、システムレベルでシームレスに統合することで、遠方にある動きの速い小さな物体をより早く認識できるようになった。

また、現在実用化されているレーダーシステムと比べ、最大3倍の分解能を実現。運転の安全性を向上させた。自動車メーカーやサプライヤーにとっては、レーダーシステムを統合する労力が減り、評価リスクも低減できるというメリットがある。

アナログデバイセズのChris Jacobs氏は、「今回の共同開発は、最も高性能なレーダーシステムを開発するための重要な要素。両社の技術の組み合わせが、先進のADASや自動運転システムにとって、比類なき高い性能をもたらすだろう」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:4/13(木) 10:45

レスポンス