ここから本文です

(ザ・コラム)蛮ちゃんの夢 万里の空を駆け抜けた大志 駒野剛

朝日新聞デジタル 4/13(木) 11:30配信 有料

 大空が人々のあこがれだった時代のお話。80年前の4月9日午後3時半、ロンドン郊外のクロイドン空港に銀翼が舞い降りた。朝日新聞社の「神風」号である。
 英国王の戴冠(たいかん)式を記念した訪欧飛行で、飯沼正明飛行士、塚越賢爾機関士が乗り込み、東京から1万5357キロを約94時間18分の世界記録で飛行した。
 当日深夜の東京、大阪の朝日新聞の社屋を取り囲んだ群衆が歓呼の声をあげた。翌10日の朝刊には「“神風”の覇業遂(つい)に成る」「歴史に刻む一瞬」の大見出しが躍る。
 朝日、毎日などの新聞社は、特ダネや販売部数だけでなく航空分野でも競争を繰り広げた。……本文:3,306文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:4/13(木) 11:30

朝日新聞デジタル