ここから本文です

[新製品]ニコン、小型・軽量ボディに高画質を凝縮したデジタル一眼レフ「D7500」

BCN 4/13(木) 17:53配信

[新製品]ニコン、小型・軽量ボディに高画質を凝縮したデジタル一眼レフ「D7500」

D7500

 ニコンは、ニコンDXフォーマットに対応したデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を6月に発売する。価格はオープンで、税込の実勢価格はボディ単体が15万9300円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」が付属する「D7500 18-140 VRレンズキット」が19万9800円前後の見込み。

 2016年4月に発売した上位機種「D500」と同じ、有効2088万画素、光学ローパスフィルターレス仕様CMOSセンサと画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載。最高で毎秒約8コマで50コマ(14ビット記録のロスレス圧縮RAW)までの高速連続や、「D500」と同じく4K UHD(解像度3840×2160)/30p(最長記録時間29分59秒)の動画撮影が可能で、カメラ内で自動生成するタイムラプス動画の4K UHD記録やHDMIへの同時出力機能、フルHD/HD動画撮影時の電子手ブレ補正にも対応する。

 このほか、「D500」と同じ測光センサ「180KピクセルRGBセンサー」によるAFやAE、オートホワイトバランスなど自動制御機能の精度を向上。充実した機能を備えながら、前機種「D7200」に比べ、約45gの軽量化を図った。薄型ボディでホールド性も一段と高めた。

 本体背面には、さまざまなアングルで撮影できるチルト機構を採用した3.2インチの液晶モニタを装備。タッチAFや静止画撮影時のタッチシャッター、再生時に高速で画像を切り替えられる「フレームアドバンスバー」といったタッチ操作に対応しており、直感的な操作が可能。また、カメラとスマートデバイスを常時接続する「SnapBridge」にも対応する。

 対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、SDXC/SDHCカードはUHS-I規格に対応する。サイズは幅135.5×高さ104.0×奥行き72.5mmで、重さは約720g。

 発売を記念して、発売日から8月31日まで、「D7500発売記念 プレゼントキャンペーン」を実施する。対象期間中に「D7500」を購入して専用フォームから応募すると、カメラリュックやショルダーバッグ、トートバックなど全9種類から選べる、オリジナルネームタグ付きカメラグッズをプレゼントする。

最終更新:4/13(木) 17:53

BCN