ここから本文です

独メディア、1G1Aの香川にチーム最高の評価 採点を控える媒体も

ISM 4/13(木) 9:50配信

 現地時間12日(以下現地時間)に行なわれたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのモナコ(フランス)戦にフル出場し、チームの1点目をアシスト、2点目を自らマークしたドルトムント(ドイツ)の香川真司。チームは2対3で敗れたものの、独『FussballTransfers.com』は同選手にチーム最高の「2」をつけた(ドイツの評定は1が最高、6が最低)。

 同サイトは「香川が希望を繋いだ」と述べ、同選手について「序盤にオーバメヤンに出した縦パスが目標を捉えていたら、試合は違う結果になっていたかもしれない。前半最大のチャンスも、彼から生まれたものだった。後半、香川は再び前へ上がる。1点目に足で絡み、素晴らしいステップを踏んだあと、2点目を自らマークした」と綴った。

 香川に次いで高評価だったのは、ラファエル・ゲレイロの「2.5」。そのほか、先制点を決めたウスマン・デンベレ、マティアス・ギンターが「3」だった。

 なお、独『sportbuzzer.de』は「11日に起きたBVB(ドルトムントの略称)チームバス襲撃事件後に試合に臨んだ選手たちのパフォーマンスに敬意を表し、採点は行わない」と述べている。

 独スポーツ専門サイト『ran.de』も同様の理由で採点は行わないとコメント。寸評では香川の2点目について「トラップもその後の処理も、2対3としたフィニッシュも、ワールドクラス。全体的に非常に良いパフォーマンスだった」と称えている。

最終更新:4/13(木) 9:51

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合