ここから本文です

沢尻エリカ主演「母になる」2桁スタート 初回視聴率10・6%

東スポWeb 4/13(木) 12:43配信

 女優・沢尻エリカ(31)が主演する日本テレビ系ドラマ「母になる」(水曜午後10時)の初回が12日に放送され、平均視聴率が10・6%だったことが13日、分かった。

 沢尻が久しぶりに連続ドラマで主演を務めるとあって、大きな注目を集める同作。物語は主人公・結衣(沢尻)が、3歳で誘拐された息子と9年後に再会し、その空白を埋めて「母」となっていく姿を描く。

 初回は上京した結衣が勤め先の書店で大学講師の柏崎陽一(藤木直人)と出会い、妊娠をきっかけに結婚。母親になることへの不安を覚える一方で、息子・広(吉武歓)はすくすく育ち3歳となり、一家を明るく照らす存在となる。しかし、幼稚園の迎えに行った結衣が目を離したわずかの間に、広が誘拐されてしまうという内容だった。

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:4/13(木) 12:43

東スポWeb