ここから本文です

バノン氏の更迭示唆か=内紛収束なければ―トランプ米大統領

時事通信 4/13(木) 6:08配信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は12日付のニューヨーク・ポスト紙のインタビューで、娘婿クシュナー上級顧問との内紛が伝えられるバノン首席戦略官・上級顧問について「いいやつだが、問題を解決するよう言った。できないなら私がする」と述べた。

 早期に収束させなければ更迭もあり得ると示唆したと受け止められている。 

最終更新:4/13(木) 6:14

時事通信