ここから本文です

最強すぎるAR&VR対応スマホ「ZenFone AR」発表会レポート

アスキー 4/13(木) 16:25配信

ASUS JAPANは4月13日、グーグルの空間認識技術「Tango」およびVR技術「Daydream」両対応のDSDS対応SIMフリースマホ「ZenFone AR」を発表。夏発売予定で価格は税抜8万2800円~。
 ASUS JAPANは4月13日、グーグルの空間認識技術「Tango」およびVR技術「Daydream」両対応のDSDS対応SIMフリースマホ「ZenFone AR」を発表した。2017年夏発売予定で価格は6GBメモリー/64GBストレージモデルが税抜8万2800円、8GBメモリー/128GBストレージモデルが税別9万9800円。
 

 
 「ZenFone AR」のプレゼンはASUS JAPANプロダクトマネージメント部テクニカルプロダクトマネージャーの阿部 直人氏が担当。「従来のARはあらかじめ地面や壁にマーカーを設置して位置情報を渡さないといけなかったが、Tangoは床や壁を自動判別できる。これで今までよりリアルにシミュレーションできる」とコメント。
 
 TangoテクノロジーはZenFone AR搭載の「ASUS TriCam System」により実現している。深度カメラとモーショントラッキングカメラ、ソニー製の2300万画素カメラを組み合わせて端末に空間認識機能を持たせている。「ZenFone ARは人間と同じような空間記憶を持たせられる」(阿部氏)。
 
 ZenFone ARの未来の可能性として、阿部氏は「スーパーマーケットで商品の値段や商品位置を表示したり店舗内のナビが行なえる。また、博物館では展示物の情報を表示したり見学通路のナビが可能」と語った。
 
 続いて実際にZenFone ARのデモが行なわれた。AR対応アプリは30以上用意されており、発表会のテーブルにARでドミノを置いて倒したり、発表会場の広さをARメジャーで測ったりといったAR活用例が示された。会場にはマーカーはなく、オブジェクトの位置や高さなどはZenFone ARの空間認識技術で算出されている。
 
 3Dモデリングアプリのデモでは、実際に阿部氏が訪れた場所と自動車の3Dモデリング例を表示。いちど訪れた場所や見たモノを「後からいつでもどこでも好きな角度で見られる」と利点を解説した。
 
 続いてリビングスタイル代表取締役の井上 俊宏氏が登壇。同社のルームコーディネートアプリ「RoomCo AR」のTango対応版をデモ。発表会場にアプリからAR家具を置き、自動認識された壁際にぴったりとソファーを置くなど、Tango対応版ならではの利点を解説した。
 
 ZenFone ARはメモリーとストレージ容量別に2モデルが用意され、メモリー容量は6/8GB。ストレージは64/128GBでメモリーとストレージ以外の仕様は同等だ。CPUはSnapdragon 821、WQHD(1440×2560ドット)解像度の5.7型有機ELディスプレーなどハイエンドスペック。nanoSIM×2のDSDS対応端末で、3G+4Gのキャリアアグリゲーションにも対応する。また、製品版にはハイレゾ対応イヤフォンと組み立て式のVRメガネが付属するのも特徴だ。
 
 タッチ&トライ会場では実際にARアプリを体験できたほか、VR技術「Daydream」の体験スペースも用意。国内未発表の「ZenFone 3 Zoom」も参考展示されていた。
 
 
ZenFone ARZS571KL-BK128S8
ZenFone ARZS571KL-BL64S6
メーカー
ASUS JAPAN
ディスプレー
5.7型有機EL
画面解像度
1440×2560ドット
サイズ
158.98×77.7×8.95mm
重量
約170g
CPU
Snapdragon 821(クアッドコア)
メモリー
8GB
6GB
ストレージ
128GB
64GB
外部ストレージ
microSDXC
対応ネットワーク
LTE:1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41W-CDMA:1/2/5/6/84バンドGSM
キャリアアグリゲーション
○(2CA/3CA)
無線LAN
IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
Bluetooth
4.2
OS
Android 7.0
カメラ
リア:2300万画素/イン:800万画素モーショントラッキングカメラ深度カメラ
バッテリー容量
3300mAh
SIM形状
nanoSIM×2(DSDS対応)
価格(税抜)
9万9800円
8万2800円
発売日
2017年夏
 
文● 南田ゴウ/ASCII編集部

最終更新:4/26(水) 17:27

アスキー