ここから本文です

ドルフ・ラングレン、DC映画『アクアマン』に参戦!

シネマトゥデイ 4/13(木) 21:22配信

 映画『ロッキー4/炎の友情』などの俳優ドルフ・ラングレンが、DCコミックス映画『アクアマン(原題) / Aquaman』でアクアマンと敵対するネレウス役に抜てきされたことが明らかになった。The Hollywood Reporter が報じている。

はっちゃけまくるアクアマン俳優【写真】

 DCコミックスのヒーローが集結する『ジャスティス・リーグ』(日本公開冬)にも登場する、海底王国アトランティスの王にして、海洋で圧倒的な力を持つアクアマン(ジェイソン・モモア)を主人公に描く本作。同サイトによると、今回出演が決まったドルフが演じるのは、アトランティスとは異なる海底王国エグゼベルの王であるネレウスで、アクアマンの恋のお相手となる女性ヒーロー・メラを自分のものにしようと、アクアマンの殺害をもくろみるのだという。

 本作にはすでに豪華キャストが集結しており、主演のジェイソンに加え、メラ役にジョニー・デップの元妻として知られるアンバー・ハード、アクアマンの母親役にニコール・キッドマン、アクアマンの異母兄弟にして悪役のオーム役に『死霊館』シリーズなどのパトリック・ウィルソン、アクアマンのアドバイザー的存在である科学者ヴルコ役にウィレム・デフォーが名を連ねている。『ソウ』シリーズの生みの親であるジェームズ・ワン監督がメガホンを取る。2018年12月21日の全米公開予定。(編集部・石神恵美子)

最終更新:4/13(木) 21:22

シネマトゥデイ