ここから本文です

NGT48と小林幸子“新潟タッグ”で紅白出場に地元から期待の声

4/13(木) 16:30配信

東スポWeb

 新潟を拠点に活動する「NGT48」が12日、新潟市内でメジャーデビュー記念イベントを開催。同県出身の演歌歌手・小林幸子(63)もサプライズ祝福に訪れた。デビュー曲が初日に約12万7000枚を売り上げ、オリコンのデイリーランキングで1位を獲得したNGT。地元から小林との“新潟タッグ”で年末の紅白出場も期待されている。

 NGTは12日発売のデビューシングル曲「青春時計」ほか全3曲を披露。2000人のファンが見守るなか、センターを務める中井りか(19)は「新潟はもちろん、全国に愛される楽曲になればと思います」と話した。

 イベントには新潟県民栄誉賞を受賞している小林も登場。お祝いとして「一升餠」をプレゼントした小林は「一升餠は子供が生まれて、背中に背負って健康に頑張れるというもの。新潟の餠米を使っていて、まさに新潟を背負って頑張ってください。新潟の良さを、全国、世界中にみんなの歌と笑顔を通して伝えるグループであってほしい」とエールを送った。

 これを受けて、キャプテンの北原里英(25)は「小林さんは新潟を引っ張ってきた大先輩。私たちも新潟を引っ張っていけるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 気を良くした小林は「みんないい娘。親心というかそんな気持ち。ものすごく期待できます。お母さんと呼んで!」とお願い。メンバーから「お母さ~ん!」と呼びかけられると、満面の笑み。中井や加藤美南(18)には芸能界の先輩としてアドバイスも送った。

 そんなNGT&小林の“新潟タッグ”は地元から大きな期待もかけられている。

「小林さんは2015年に4年ぶりにNHK紅白歌合戦に“特別枠”で復帰しましたが、昨年は落選してしまった。今年こそ完全復帰してほしい。NGTはデビューシングルが週間売り上げランキング1位は確実な状況ですし、ロケットスタートを切った。デビュー年に紅白初出場し、小林さんと“新潟タッグ”で出演すれば、さらに盛り上がるでしょう」(地元メディア関係者)

 昨年の紅白では、NGTと同じ15年8月に結成された「欅坂46」がデビューした年に初出場する快挙を達成。中井らNGTメンバーは「私たちも負けていられない!」と燃えているという。

「紅白は出演者のコラボも見どころ。NGTの加藤は、前方宙返りを披露するなどアクロバットが得意です。小林さん名物の巨大衣装で視聴者の度肝を抜き、加藤がアイドルらしからぬアクロバットで魅せる。“新潟タッグ”が紅白の目玉になるかも」(音楽関係者)

 今村悦朗NGT48劇場支配人(57)から初日売り上げ1位が発表されると、中井は「オリコン1位が取れたのも(ファンの)みんなとだったから。これからも一緒に歩いていってほしいと思うし、私たちと一緒にNGTを広めていってほしい」とファンに頭を下げた。

 NGTの快進撃はまだ始まったばかりだ。

最終更新:4/13(木) 16:30
東スポWeb