ここから本文です

今春、“学び系ドキュメンタリー”で感性磨き!『ターシャ・テューダー』など5選

4/13(木) 18:30配信

cinemacafe.net

92歳で亡くなるまで、自然に寄り添った暮らしをしながら創作活動を続けた、アメリカを代表する絵本作家ターシャ・テューダーを追ったドキュメンタリー『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』が、いよいよ4月15日(土)から全国公開される。

【画像】絵本作家ターシャ・テューダー

本作は、絵本作家として70年間も活躍し、子育てを終えた56歳のときにバーモント州の山奥で18世紀風の農家を建て、2008年にこの世を去るまで自然とともに暮らしたターシャ・テューダーの最晩年を追ったドキュメンタリー。さらに、その生い立ちから、魅力たっぷりの彼女の人となりにも迫る。

まるで楽園のような空間を自分の力で作り上げたナチュラルライフを送ったことから、“スローライフの母”として、日本のみならず世界中のガーデナーたちが憧れる存在だったターシャ。生計を支える糧でもあった“絵本作家”としての顔、また、家族を愛するひとりの女性としての素顔にも迫り、心豊かに生きるための人生哲学や、ユーモアたっぷりの言葉の数々など、ひと言では語り尽くせないターシャのさまざまな一面を紐解いていく。これまでターシャのことを知らなかった人にも、その魅力を垣間見られる“入門編”としても楽しむことができる。

「思うとおりに歩めばいいのよ」と語り、時間をかけて少しずつ夢を叶え、心豊かに生きたターシャの自由な精神あふれる言葉や生活を彩るこだわりの数々は、現代を生きる私たち女性たちにも響く、生きるヒントとなるはず。また、この春は、本作以外にも自分磨きをめざす女性にぴったりの、“学び”のあるドキュメンタリー映画が続々と公開される。

■『メットガラ ドレスをまとった美術館』(4月15日公開)

『メットガラ ドレスをまとった美術館』は、“プラダを着た悪魔”こと米「ヴォーグ」誌編集長のアナ・ウィンターが主催する、ファッション界最大級のイベントに追ったドキュメンタリー。ニューヨークのメトロポリンタン美術館(MET)で毎年開催される“メットガラ”。本作は、2015年5月2日の“メットガラ”開催に向けての準備から当日の模様まで、およそ8か月にわたりカメラが密着。一流メゾンと豪華セレブリティが彩る陶酔の一夜の全貌が明らかになる。

■『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』(4月22日公開)

『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』は、フランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの人生と創作に迫ったドキュメンタリー。彼の名にピンとはこなくとも、雑踏の中でキスを交わす男女のモノクロ写真「パリ市庁舎前のキス」を目にしたことのある人は多いだろう。本作では、庶民たちの日常をとらえた写真で高い評価を得たドアノーの代表作となる「パリ市庁舎前のキス」の撮影秘話や、当時の映像資料、親交のあった著名人たちによる証言を通じて彼の写真家人生や、その写真が時代を超えて愛される秘密に迫る。

■『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』(4月29日公開)

『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』は、世界三大美術館のひとつといわれるロシアのエルミタージュ美術館の魅力に迫る。世界遺産にも登録され、世界一といわれる所蔵品の数々にも迫り、同国でも最高レベルの警備が付くエリアで捉えた貴重な映像も見どころのひとつ。また、専門家も知り得なかった250年の美術館の歴史=ロシアの重厚な歴史にも触れることができる貴重なドキュメンタリーとなっている。

■『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』(4月29日公開)

『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』は、ジム・ジャームッシュをはじめとする名匠たちからも尊敬を集めている、写真界の巨匠・映画監督であるロバート・フランクが初めてその人生を語るドキュメンタリー。その人生を通じて度重なる事態に翻弄されてきた彼が、生きることの悦びを見出し、写真や映像作品に刻み続けたメッセージが詰まったものとなっている。「ローリング・ストーンズ」やボブ・ディランをはじめとする豪華アーティストがフランクのために提供した楽曲の数々も聴き逃せない。

どの作品にも共通するのは、圧倒的なビジュアル世界のみならず、作品を通じて得られる発見や学びに満ちあふれていること。新しいことを始めたくなる新年度、まずは映画館に足を運んでみては?

『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』は4月15日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。

最終更新:4/13(木) 18:30
cinemacafe.net