ここから本文です

モナコ指揮官、爆破事件翌日開催でドルトムントに同情…2度の準備に問題も生じる

GOAL 4/13(木) 17:40配信

モナコは12日、チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでボルシア・ドルトムントに3-2の勝利を飾った。

試合は前日の爆破事件の影響で1日遅れで開催されたが、ドルトムント側からUEFA(欧州サッカー連盟)の判断に批判が相次いだ。モナコのレオナルド・ジャルディム監督は試合後、『スカイスポーツ』で自身の考えを語った。

ジャルディム監督は「恐らく事件の翌日に行われるべきではなかった。ただし、スケジュールの問題で他の日が難しかったのも事実だ。言うまでもなく試合は両チームにとって難しいものであった。しかし、ドルトムントにとっては特別に厳しいものであっただろう」と、対戦相手に同情を示すとともに、タイトなスケジュールが判断に大きな影響があったと指摘した。

また、ジャルディム監督は「試合の準備はもちろん通常とは違った。2回準備をする必要があったからね。2度目の準備はいつもより大変だった。昨夜、選手たちは家族や友人を呼んでいたため、集中力が一度下がった。もちろん、試合当日の午後はもう一度集中をして可能な限りのパフォーマンスを発揮するためにベストを尽くした」と、準備が通常と違い戸惑ったことも明かした。

GOAL

最終更新:4/13(木) 17:40

GOAL

スポーツナビ サッカー情報