ここから本文です

3安打で連敗を阻止 日ハム近藤は他球団も羨む“万能選手”

日刊ゲンダイDIGITAL 4/13(木) 12:16配信

 日本ハムの近藤健介(23)が、八面六臂の活躍でチームの連敗を「6」でストップさせた。

 12日は「3番・右翼」で出場すると、4打数3安打1打点で、早くも今季3度目の猛打賞。初回は二塁打を放ち、二塁にヘッドスライディングの気迫を見せた。五回にも同点適時打を放つと、それがレアードの今季1号につながるという“好演出”。守っては2点リードの七回2死一、二塁の場面、右前打でホームを狙った二塁走者の上林を、自慢の強肩で補殺に仕留めた。

「初回のヘッスラ? 何とかチームに勢いを……とは思ってなかったんですが、そうなって良かったです(笑い)」

 と、お立ち台でもファンを笑顔にさせた近藤。もっか打率・457。元気のない打線の中、ひとり気を吐いている。

 他球団のスコアラーは「あれだけ器用な選手は珍しい」と、こう話す。

「捕手で入団したが、現在は右翼。三塁がメーンのシーズンもあったし、今年のキャンプでは二塁守備にも挑戦していた。根底にあるのは、横浜高校時代の経験でしょう。横高はそれこそボールの一球一球まで、さまざまな状況を想定させた野球を叩き込む。捕手となれば、なおさら。常にあらゆるケースを想定する思考力が、守備や打撃に生きている」

 まだ23歳。どこまで成長することやら……。

最終更新:4/13(木) 12:16

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(月) 3:05