ここから本文です

組み込み開発向け統合プラットフォームにMCUグループを追加

4/13(木) 8:55配信

MONOist

 ルネサス エレクトロニクスは2017年3月29日、同社の統合プラットフォーム「Renesas Synergy」に新たに3つのマイクロコントローラー「S128/S3A3/S3A6」グループを追加し、組み込み開発向け統合プラットフォームを拡充すると発表した。同年6月には、S128/S3A3/S3A6グループから新たに20品名を発売する予定だ。

 新たに発表した3グループを加えると、同社のマイクロコントローラーは7グループ、計57品名となる。S3A3/S3A6グループは512KBと256KB、S128グループは256KBのフラッシュメモリを搭載している。

 今回の拡充により、Renesas Synergyマイクロコントローラーは、動作周波数帯32~240MHzのARM Cortex-Mコアと、64KB~4MBのオンチップフラッシュメモリを搭載したポートフォリオになる。加えて、ハードウェア/ソフトウェア資産を再利用して製品展開が可能となった。

最終更新:4/13(木) 8:55
MONOist