ここから本文です

巨人・内海、4被弾で広島に屈す 首脳陣「無策と言われても仕方がない」

デイリースポーツ 4/13(木) 6:04配信

 「巨人5-9広島」(12日、東京ドーム)

 スタンドへとはじき返されていく打球を、ぼう然と見送るしかなかった。今季2度目の先発で、巨人・内海が一発攻勢に屈した。新井とエルドレッドに2本ずつの計4被弾。3回6失点の背信投球に「切り替えていかないといけなかったが、ズルズルといってしまった」と声を落とした。

【写真】前回はバッティングでも魅せた内海だったが…

 初回に2点の援護を得た直後の二回。先頭の新井に今季から習得したカットボールを左翼席に運ばれた。

 「悪いボールではないと思った。自分の中でちょっとパニックになってしまった」。手応えを示していた新球を痛打されて生じた心の隙を、広島打線に容赦なく突かれた。

 高橋監督は「序盤の失点が大きすぎた」と振り返り、村田ヘッドコーチは「無策と言われても仕方がない」と語気を強めた。五回に代打・村田の3ランが飛び出した後は、村田を三塁、マギーを二塁に置く超攻撃的布陣をしたが、届かずに3連敗。開幕5連勝の好スタートも貯金は2に目減り。昨季の王者に2夜続けて、力の差を見せつけられた。

最終更新:4/13(木) 8:29

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 13:15