ここから本文です

eSOLのOS、ルネサスの車載向け半導体に対応…自動運転の性能向上へ

4/13(木) 18:33配信

レスポンス

eSOLは4月11日、ルネサス エレクトロニクスの車載システム向け半導体チップ「R-Car H3」に、同社のOS「eMCOS POSIX」が対応した、と発表した。

今回の発表は、高いコンピューターのパワーを必要とする自動運転システムや先進運転支援システム(ADAS)などで、高度なリアルタイム性と安全性を実現するのが狙い。

ルネサス エレクトロニクスのR-Car H3は、自動運転システムやADASなど、自動車周囲の環境の認知・判断・操作を瞬時に実行することが求められる安全運転支援システムに向けて開発。車載カメラや各種センサーから入力される膨大な情報を、リアルタイムかつ正確に制御するコンピューター性能を向上させる。

また、スマートフォンやクラウドなどとの連携が不可欠となったIoT時代の車載情報システム向けに、外部から入力される大量の情報をリアルタイムかつ正確に処理。ドライバーにとって、分かりやすいヒューマン・マシン・インタフェースで知らせるコンピューター性能も強化している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:4/13(木) 18:33
レスポンス

Yahoo!ニュースからのお知らせ