ここから本文です

シリア非難決議案の廃案「極めて遺憾」 菅官房長官

朝日新聞デジタル 4/13(木) 11:47配信

 国連安全保障理事会でシリア非難決議案が廃案になったことについて、菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、「安保理として一致したメッセージを発出できなかったことは極めて遺憾だ」と述べた。「化学兵器の使用はいかなる場合でも許されるものではなく、我が国は化学兵器使用に関する真相究明に国際社会と連携していきたい」と語った。27~28日の日程で調整する安倍晋三首相のロシア訪問の際には、「シリアの現状を含む国際情勢をとりあげることになると考える」との見通しも示した。

朝日新聞社

最終更新:4/13(木) 11:47

朝日新聞デジタル