ここから本文です

欧米のパーティー文化を日本に ビルダージャパン、グッズと装飾サービス

SankeiBiz 4/14(金) 8:15配信

 海外市場向け美容品・日用品の企画、卸しなどを手掛けるビルダージャパンは、欧米のパーティー文化を日本に広めようと、グッズと装飾サービスの両面から事業展開を模索している。同社が2014年に、米ロサンゼルスで立ち上げた“パーティープロデュース”ブランドである「NEVERLAND(ネバーランド)」を通じて、日本国内でも広がりつつある、パーティー文化をより大きなビジネスに高めていきたい考えだ。

 日本でもホームパーティーなどが増加する傾向にあり、バレンタインデーやクリスマスなどのほか、近年ではハロウィーンなどの機会をとらえたイベントが急速な盛り上がりを見せている。

 こうした背景から、パーティーに対する需要が増加する一方で、「パーティーで使うグッズや装飾品を手ごろな価格で買えない」「装飾の仕方がわからない」「身近に買える店がない」-などの理由から、装飾を諦める人も見受けられる。

 同社では、こうした課題を解決するために従業員自ら多くの流通業者に足を運んで仕入れルートを開拓し、目利きを行って商品を選び、数万店ある中から自分たちが納得した店の商材のみを仕入れているという。

 丁寧な仕入れによる、こだわりのパーティーグッズで、装飾サービスや店舗への卸売り、個人向けの通販販売などを低価格で行っている。

 同社は16年だけでも出版イベント、講演会、就任パーティーなど数多くのイベントの装飾を手掛けた。子供向けから、おしゃれに空間を演出するケースまで豊富に商品を取りそろえ、さまざまな年齢層に合わせた装飾を提案できる。

 装飾の核になる各種パーティーグッズは、バルーン(風船)のほか、米国で流行している火薬を使用しないクラッカーなどをラインアップしている。

 写真映りが良い商材ばかりに絞って選択し、利用者によるSNS(会員制交流サイト)での拡散が期待でき、パーティー文化を広める大きな一歩になると見込む。

 同社は現在、商材の受注活動を展開中で、小売店のみならず販売促進のノベルティーとしての利用といった用途も開拓している。あわせて、装飾サービスについても利用者の掘り起こしを図っている。

最終更新:4/14(金) 8:15

SankeiBiz