ここから本文です

交通費精算の効率化アプリ ITベンチャーのfreee、乗降履歴を自動取得

SankeiBiz 4/14(金) 8:15配信

 ITベンチャーのfreee(東京都品川区)は、アンドロイド端末向け新アプリ「交通費精算freee」の提供を始めた。スイカやパスモなどの交通系ICカードをスマートフォンやタブレットにかざすだけで、乗降履歴の明細を自動的に取得し、アプリ上からそのまま交通費精算の申請ができる。経路や金額入力の手間がなく、経費精算を効率化する。

 交通費精算の申請には「クラウド会計ソフトfreee」の経費精算機能の利用が必要であるほか、一部の交通系ICカードは対象外となっている。

 アプリを起動して端末の裏にある読み取り部分にICカードをかざし、表示される乗降履歴の中から選択して申請する。

 交通費精算の手続きは、経路と金額を一つ一つ経費精算システムや表計算ソフトなどに打ち込む必要があり、多くの時間を要する。とくに外出の多い営業職にとっては、月末に積み上がった数十件の交通費精算の申請に数時間かかることもあった。同アプリは外出先からでも利用できるため、負担を大きく削減し業務の合理化を実現する。

最終更新:4/14(金) 8:15

SankeiBiz