ここから本文です

松本で陶芸家・戸津圭一郎さん個展 「料理が映える」粉引の器180点 /長野

みんなの経済新聞ネットワーク 4/13(木) 17:00配信

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、長和町在住の陶芸家・戸津圭一郎さんの個展「戸津圭一郎 陶展」が開催されている。(松本経済新聞)

しのぎと面取りの器

 皿、カップ、鉢、飯わんや丼、ポットなど約180点を展示する。粉引を中心にしのぎや面取り、三島手など伝統的な手法を用いた器が並ぶ。「料理が映えるのは粉引だと思う」と戸津さん。定番ものと、その延長にあるものとして新しいことにも取り組み、これまであまり作ったことがなかったというはけ目の皿や小鉢なども。

 戸津さんは1969(昭和44)年、東京生まれ。東京の陶芸教室に勤務した後、1991年に有田窯業大学校(佐賀県)に入学。卒業して有田の窯元で4年働き、1997年に独立して長門町(現・長和町)に工房を構え、作陶活動を行っている。

 同ギャラリーでの展示は初めて。同店オーナーの熊谷俊行さん・幸枝さんが以前、知り合いの作家が参加していたグループ展を訪れたときに、戸津さんの作品を見て、声を掛けた。「戸津さんの器は、シンプルで優しい色合いと形が魅力。料理を盛ったときのイメージができるのもいい」と幸枝さん。実際に飯わんを愛用中で、手触りも良く、使いやすいという。「ちょうど、器も新調したくなる季節。使うのに気を張る価格でもないので、新しい器を探しに来てもらえれば」

 「器は飾るものではなくて使うもの。普段使いを意識した制作を心掛けている」と戸津さん。「松本での展示は久しぶりなので、足を運んでほしい」とも。

 価格は、小鉢、カップ=2,000円~、茶わん=2,400円、だ円皿=2,800円~、ポット=7,000円など。営業時間は11時~20時。火曜と第1・第3・第5月曜定休。4月24日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/13(木) 17:00

みんなの経済新聞ネットワーク