ここから本文です

Google、WebブラウザとCardboardでVRを体験できる「WebVR」サイト公開

ITmedia NEWS 4/13(木) 11:10配信

 米Googleは4月12日(現地時間)、「WebVR on Chrome」を同社のダンボール式HMD「Google Cardboard」に対応させたと発表し、WebVRコンテンツ体験サイト「WebVR Experiments」を公開した。WebVRをサポートするWebブラウザで、サイト上の12のWebVRのコンテンツを楽しめる。

【その他の画像】

 WebVRは、Mozillaが主体となって開発するオープンソースのAPI。JavaScriptでWebブラウザ向けのVRコンテンツを作成できる。コンテンツは、対応するWebブラウザがあれば特別なアプリを追加インストールせずに楽しめる。

 各コンテンツの紹介ページにはコンテンツへのリンクとともにコードへのリンクもあるので、開発者はこれを参考にして新たなコンテンツを開発し、この体験サイトで公開することも可能だ。

 WebVRの対応状況についてはwebvr.rocksで確認できる。

最終更新:4/13(木) 11:10

ITmedia NEWS