ここから本文です

スリーエフ閉店へ 今夏から「ローソン・スリーエフ」ブランドへ順次転換

ねとらぼ 4/13(木) 12:40配信

 ローソンとスリーエフが事業統合契約の締結を発表。後者がスリーエフ、q's mart(キュウズマート)、gooz(グーツ)ブランドで営業している神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県の348店舗のうち、281店舗を「ローソン・スリーエフ」ブランドへ転換し運営することになりました。

【スリーエフ】

 両社は2016年4月に資本業務提携を締結し、同年9月からは千葉と埼玉のスリーエフ90店舗をローソン・スリーエフに順次転換してきました。その結果新規顧客層の獲得など相乗効果が得られたことから、神奈川と東京(一部、千葉含む)でもブランド転換を拡大するとのことです。

 スリーエフは今夏より店舗の転換を進め、コンビニエンスストア事業に関する権利義務の一部をローソンに継承します。これによりスリーエフブランドの店舗はすべて閉店。同社はローソン・スリーエフブランド店舗を運営する子会社の管理事業、goozの店舗運営事業、オリジナル商品の供給事業の3つを軸とした体制へ移行します。

最終更新:4/13(木) 12:40

ねとらぼ