ここから本文です

ファンタビ第2作、英俳優ジュード・ロウが若きダンブルドア役に

ロイター 4/13(木) 12:16配信

[12日 ロイター] - 米ワーナー・ブラザーズは12日、英ファンタジー小説「ハリー・ポッター」のスピンオフ映画「ファンタスティック・ビースト」のシリーズ2作目(題名未定:2018年11月公開予定)で、英俳優ジュード・ロウ(44)が若き日のダンブルドア役を演じると明らかにした。

ロウは映画「シャーロック・ホームズ」でのジョン・ワトソン役で知られる。今回演じるのは、ホグワーツ魔法学校の校長となる数十年前のダンブルドア。

原作者J・Kローリング氏は、ダンブルドアは同性愛者(ゲイ)で、若いころ、後に闇の魔法使いとなるゲラート・グリンデルバルドと恋に落ちるとしている。昨年、ニューヨークで記者会見ししたローリング氏は「第2作では、問題を抱えたダンブルドアの青年期が描かれる。(この回でわれわれは)彼の人格形成期を見ることになる」と語った。

グリンデルバルド役は、ジョニー・デップ。撮影は今夏に始まる。 

*ニューヨークの記者会見が昨年であることを付け加えて再送しました。

最終更新:4/14(金) 10:45

ロイター