ここから本文です

【皐月賞】ウインブライト鞍上・松岡、ノーミスで雪辱だ!

スポニチアネックス 4/13(木) 7:02配信

 牝馬にタイトルは譲れない。ファンディーナの参戦で盛り上がる今年の皐月賞だが、迎え撃つ牡馬勢も意気軒高。東西でトライアル優勝馬が躍動した。美浦ではスプリングSを勝ったウインブライトが併せ馬で先着し好調をアピール。栗東では弥生賞を制したカデナが坂路で臨戦態勢を整えた。ブライトの松岡、カデナの福永共に皐月賞初Vが懸かる。牡馬の意地を見せたい。

 柔らかな春の朝日に照らされ、黒光りする芦毛の馬体が加速した。ウインブライトの最終追いはWコースの併せ馬。主戦の松岡が騎乗しウインアンビション(4歳1000万)を2馬身先行させてスタートした。前半は折り合いに専念しながら徐々に差を詰め直線入り口で外へ。鞍上がゴーサインの手綱を押し込むと、ギアを1段上げ2馬身突き放した。「いい動きだった。最後は軽すぎない程度に追ったが、しっかりやれるのは体調がいい証拠。体の張り、毛づや、どこを取っても前走(スプリングS1着)以上だよ」。松岡の声が弾んだ。

 畠山師も満足顔で愛馬を出迎えた。「前に馬を置いて、しまいの反応を確かめるいつものパターン。前走で大きなダメージがなかったので、この中間も普段通りの組み立てで調整できた」。前走で体重を大幅に減らした(12キロ減の460キロ)が「カイ食いが落ちることもなく、調教をこなしながら毎週2、3キロずつ増えて、今週初めで470キロ台。問題なく出走できる」と回復をアピールした。

 若竹賞、スプリングSと中山で連勝。2戦共に大外からまくる、見た目には同じようなレースぶりだったが鞍上の感覚は違う。「若竹賞の時は指示に敏感すぎる面があったが、前走は凄く滑らかに反応してくれた」。同じく主戦を務める全姉ウインファビラス同様に、弟も前向きな気性がネック。「前半はうまくなだめ、合図を送ってもすぐにトップスピードに乗せない。前をかわしてからソラを使わせない(気を抜かせない)。道中のガソリンの使い方を、馬に考えさせながら、調教とレースで教え込んできた。初めて対戦する馬も多いが、能力差は感じない。自分とブライトで磨いてきた競馬を大舞台で発揮したい」。鞍上には課題と向き合い、馬とコミュニケーションを欠かさず弱点を克服した自負がある。

 皐月賞には苦い記憶がある。07年、15番人気の伏兵サンツェッペリンで鼻差2着。悔しさのあまりヘルメットを叩きつけた。翌08年は1番人気マイネルチャールズで3着。展開と馬場に泣いた。「毎年、この時期になると思い出す。いいかげん、胸のつかえを取りたいね」。松岡は頼もしい相棒と静かに雪辱の時を待つ。

最終更新:4/13(木) 7:02

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ