ここから本文です

サッカー=CL8強敗退危機のバルサ、第2の奇跡には悲観的

ロイター 4/13(木) 13:01配信

[マドリード 12日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナのルイスエンリケ監督は、11日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でユベントス(イタリア)に敵地で0─3と敗れ、パリ・サンジェルマン(PSG、フランス)戦に続く奇跡を起こすのは難しいと落胆した。

バルセロナはPSGとの決勝トーナメント1回戦で、敵地での初戦で0─4と大敗したにもかかわらず、ホームでの第2戦で6─1と勝利。2戦合計6─5として大会史上最大の逆転劇を演じた。

ユベントスとの初戦でも大敗したバルセロナが準決勝に駒を進めるには、19日のホームでの第2戦でPSG戦のような結果を残さなければならない。

しかし、ルイスエンリケ監督は11日の試合後、「今日の時点で挽回を信じるのは難しいことだと思う。パリのときよりも難しい」と、2ラウンド続けての「奇跡の逆転」に悲観的な見方を示した。

最終更新:4/13(木) 13:01

ロイター