ここから本文です

歌手IU、G-DRAGONとタイトル曲「Palette」を作業…4thアルバムトラックリスト公開

WoW!Korea 4/13(木) 17:18配信

韓国女性ソロ歌手IU(アイユー)が4thアルバム「Palette(パレット)」のトラックリストを公開し、本格的なカムバックカウントダウンに突入する。

IUのプロフィールと写真

 IUの所属事務所は13日午後、IU公式SNSなどを通じて4thアルバム「Palette」の全曲トラックリストをサプライズ公開し、音楽界の期待を高めた。今回IUのアルバムには先行公開曲「夜手紙(Through the Night)」、「Can’t Love You Anymore」を含め全10トラックで構成、2013年に発表した3rdアルバム「Modern Times」以降、約3年半ぶりに披露する正規アルバムで、すでにファンから高い関心を集めている。

 IUの4thアルバム「Palette」はミュージシャンIU特有の感性で彩られた10トラックをベースに、音楽的な限界にとらわれない自分だけの多様な個性とカラーを演出したウェルメイドアルバムである。IUは今回のアルバムのプロデューサーとして参加しており、1つ1つ長い時間と真心を込めた。

 13日に公開されたトラックリストによるとIUはアルバムで“ダブルタイトル曲”を紹介している。

 最初のタイトル曲はアルバムと同名の「Palette」で、IUが直接作詞・作曲を務めた自作曲だ。この曲は「BIGBANG」のG-DRAGONがフィーチャリングおよびラップメイキングで援護射撃。歌謡界を揺るがす“特級コラボ”を完成し国内外の音楽ファンの爆発的な期待値が増している。

 2つ目のタイトル曲である「名前に」はIUの代表的なヒット曲の作詞を引き受けていた作詞家のキム・イナとIUの最初の作詞コラボレーションで期待を高めている。またこの曲はIUの最も近い音楽パートナーで、デビュー曲「迷子(Lost Child)」から「Not Spring, Love, or Cherry Blossoms」、「23(Twenty-three)」などを一緒にした作曲家イ・ジョンフンが手掛けた。

 この他にも映画音楽監督のイ・ビョンウ、作曲家ソン・ソンジェ、ソンウ・ジョンア、オ・ヒョク、サム・キムなど世代やジャンルを網羅する超豪華ミュージシャンらが総出動する。

最終更新:4/13(木) 17:18

WoW!Korea