ここから本文です

米住宅都市開発長官、視察先でエレベーターに閉じ込められる

ロイター 4/13(木) 14:41配信

[フォートローダーデール(米フロリダ州) 12日 ロイター] - 米国のベン・カーソン住宅都市開発長官が12日、住民の意見を聞くための全国行脚の一環で、米フロリダ州のマイアミ住宅プロジェクトを訪れたところ、エレベーターに15分間閉じ込められ、消防隊の助けを借りて脱出する出来事があった。地元メディアが報じた。

昨年の大統領選で共和党の候補指名をトランプ氏と争った元神経外科医のカーソン長官は、2280万ドル(約25億円)規模の低・中所得者向け集合住宅の視察に訪れた。このプロジェクトには、米プロバスケットボール協会(NBA)の元スター選手、アロンゾ・モーニング氏の非営利団体も開発に関わった。

建物の屋上まで視察して、エレベーターで長官と同行の6人が地上に降りたところでドアが開かなくなったという。遅れて駆け付けたモーニング氏は、消防隊がドアをこじ開けて長官らを救出するのをロビーで待っていたという。

やっとドアが開き解放されたカーソン長官に、モーニング氏はひたすら謝っていたが、長官はこの出来事を気にとめる様子はなかったという。

最終更新:4/13(木) 18:14

ロイター