ここから本文です

米規制対応の電気自動車初公開 ホンダ、今年中に販売へ

朝日新聞デジタル 4/13(木) 21:03配信

 ホンダは12日(米国時間)、ニューヨーク国際自動車ショーで、2017年中に米国で売り出す電気自動車(EV)と、充電可能なプラグインハイブリッド車(PHV)を公開した。米国では今秋から環境規制が強化されるため、日本メーカー各社はエコカー販売を強化している。

 今回ホンダが公開したのは、セダン型の「クラリティ」。水素燃料で走る燃料電池車(FCV)は、すでにリース販売を始めている。ホンダは今後4年間で、クラリティ3種を米国で計7万5千台販売する計画。

 米カリフォルニア州などでは、今秋から環境規制が強まり、EVやFCVなど排ガスのない車(ZEV(ゼブ))を多く売る必要がある。PHVはZEVに準じた扱いを受けるが、一般的なハイブリッド車は除外される。

朝日新聞社

最終更新:4/13(木) 21:03

朝日新聞デジタル