ここから本文です

横手・十文字駅前のカフェが移転 雑貨店として再オープンへ /秋田

みんなの経済新聞ネットワーク 4/13(木) 22:42配信

 十文字駅前のカフェ「Kingsland」が4月1日、雑貨店「Kingsland」(横手市十文字町佐賀会)として自動車修理・販売店「鳥海自動車」内に移転オープンした。(横手経済新聞)

雑貨店「Kingsland」店内の様子

 前店でも人気だったというビンテージ雑貨のほか、絵本や雑誌、廃材を使ったオリジナルグッズや車関連カルチャーグッズなどを販売する。

 商品ラインアップは、ビンテージ・マグカップ(2,400円~)やパイレックスのキャセロール(4,320円)などのキッチン雑貨、スパナフック(200円~)、雑誌「ムー」や楳図かずおさんの漫画ステッカー(108円~)など。廃材を活用したスツール(3240円~)は受注販売にも対応する。

 店主の柿崎正継さんは「店内に展示している多肉植物なども販売できるので、声を掛けてもらえれば。ジャンルにこだわらず自分が好きな物、痛車グッズや車中泊グッズなど自動車店だから提案できる物を集め、面白い場所を作りたかった。常連さんから『カフェもやって』と言われているので、近いうちに再開したい」と話す。

 営業時間は8時~19時。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/13(木) 22:42

みんなの経済新聞ネットワーク