ここから本文です

拘束イラク人をIS参加容疑で逮捕へ ドルトムント爆発

朝日新聞デジタル 4/13(木) 21:10配信

 ドイツサッカー1部リーグのドルトムントの選手が乗ったチームバス付近で爆発があった事件で、ドイツの連邦検察庁は13日、拘束していたイラク人の男(26)について、過去に過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘に参加していた容疑で逮捕状を請求した、と発表した。

 ただ、今回の爆発事件については「これまでのところ、事件にかかわったという証拠は得られていない」としている。

 事件の現場付近には、ドイツ政府に対して、IS攻撃への参加を中止するよう求める犯行声明が残されていた。捜査当局は関与が疑われたイラク人の男を拘束したが、一方で、ISが過去にこうした形で犯行声明を残したことがないことから、別の意図を持った組織による犯行の可能性もあるとみて調べている。(ベルリン=高野弦)

朝日新聞社

最終更新:4/13(木) 21:10

朝日新聞デジタル